♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です

同居十数年の♂♂カップルの、おバカ愉快な毎日をおもにマンガでお送りします☆

2017年10月

もう2年前のことになりますが、タックスノットに「ブログをやって本を出したいんです」という、20代半ばぐらいのノンケ男性がいらっしゃいました。本当はもっと有名なブロガーさんに聞きたかったともおっしゃいましたので、そんな彼にふさわしい答を差し上げようと…。まぁ、

つづきをよむ

女性に手料理を振る舞ったりしたときに…この言葉を賜りますと、「女子力高い頂きました〜」的な気持ちになるゲイの御仁は多いかと思うのですが…男っぽいキャラが、 なんだかんだいってモテるのが、ゲイの世界。邪悪な女子連合(JJ連)から同じ言葉が発せられた場合…女子イ

つづきをよむ

ポイントゲットの鬼・ツレちゃんが…ワタクシの労をねぎらって、プレゼントをくれました。さっそく予約の電話を入れますと、アジア系の外国人と思われるご婦人(若くないカンジ)が電話に出られ…日本語があまりおわかりにならないようだったのですが、オトコのチカラで強押

つづきをよむ

タックスノットで「男性のどこを最初に見る?」という話題になりました。彼女達の意見を…「じゃあなんでYes!高須クリニックに手の整形メニューがないのよッ、なんで手の増大サプリとか売ってないのよッ」とブッタ斬ってしまった、ワタクシ。丸く収めようと、彼女達に同調し

つづきをよむ

ツレちゃんがダンス練習する横で、粛々と原稿を書き続ける季節がやってまいりました。練習開始2日目に、ツレちゃんがこんなことを申したのでございます。現実を認識させようと、実際に体重を量らせました。1Kgの汗の容積をちゃんとわからせ…ちょっと汗をかいたぐらいですぐ

つづきをよむ

最近ご活躍が目覚ましいブロガーさんと、お目にかかる機会がありました。彼は「近頃、悪意のあるコメントやメッセージがいっぱい来て、へこんでます」と、おっしゃいました。ミドルティーンまでイジメを受けまくったワタクシは、悪意のある言葉を投げつけてくる人達の精神が

つづきをよむ

ゲイにもいるぞ、こんなヤツ…それは、ルックス重視じゃないですアピールをする人。彼らはイカもしくはタコと似ています。地獄耳&記憶鬼のワタクシが…容赦なくツッコミを入れますと…墨を吐きはじめます。 お昼にageた記事を見る→ いつも、ありがとうございます。

つづきをよむ

ベンジャミン・フランクリンというエライお方が、こんなことを仰ったそうです。女の欠点を知ろうと思ったら…彼女の女友達の前で彼女をほめてみることだ…と。ツレちゃんの若〜いお友達・ポロンちゃん(いろいろなことに研究熱心)は、この言葉を「女性蔑視ではないか」と、

つづきをよむ

ペロちゃんが「気がついたら三十代なかばになっていて、すぐ四十代になっちゃうと思うとヘコむ」などと発言しました(@2丁目のカフェ)。「衰えたるんだ五十代になるなんて、想像しただけで恐ろしい…」とも言われました。年齢をdisられたら相手の若さを無効にする…キミツ

つづきをよむ

同じ棟の中国人の方が、部屋をぐるぐるとまた貸ししているらしく、非常に人の出入りが激しいときがありました。同じフロアに住むアメリカ人のオーソンさんは、非常にナーバスになり…防犯意識を高めたのでございました。まぁ、どこの国の人だから疑うというのは淋しい話です

つづきをよむ

ツレちゃんが今年も女装パフォーマンスイベント「秋のかくしゲイ大会」に出演することになりまして…衣装発注のために採寸してあげましたら(毎年体型が変わるのです)…測ったワタクシが真っ青になるぐらい不本意なサイズだったためか、ワタクシに八つ当たりするという暴挙

つづきをよむ

いつも温かい応援を有り難うございます。毎年、たくさんの読者様にお越しいただいております女装パフォーマンスイベント「秋のかくしゲイ大会」ですが、今年もツレちゃんが出演いたします。アホなダンスを恥ずかしながら毎回披露しておりますが、 本人も真剣に練習に励んでお

つづきをよむ

先日ある非営利団体から、あまりにもワタクシのテイストとかけ離れたイベントのトーク出演をオファーされたのですが、なぜワタクシなのか不思議だったので、思わずお訊ねしてしまいました。「第1希望は高望みしてれ○○○さんだったのですが、お断りされてしまいまして、そ

つづきをよむ

週末は、お買い物。献立をあれこれ考えながらカートを押しておりますと…ツレちゃんがいきなり迫ってまいりました。なにごとかと思いきや、「いっしょに暮らしはじめた頃はもっといじってくれたのに」的なボヤキだったのでございます。なので、振り向いていじりはじめました

つづきをよむ

ツレちゃんは先週末、お友達と調布・深大寺に遊びに行っておりました。深大寺で有名なのは、もちろんお蕎麦。ツレちゃんは、お蕎麦ではお腹がすいちゃうと思ったものの、ここのところの増量っぷりを鑑みて、ヘルシーなものにしといたほうが無難と思い直したそう。おそば屋さ

つづきをよむ

いろいろあって時間がかかっております新刊小説ですが、やっと最終的なブラッシュアップ段階にきております。 担当編集者さんから、ワタクシのクセについてご指摘をいただきました。 ブログを更新しますと、コメントやSNSへのリプライなどをたくさんいただきます

つづきをよむ

いつも応援してくださっている2丁目のゲイバーに、ご無沙汰のお詫びに行ってまいりました。そこに居合わせた若者と軽く意気投合しまして…ほろ酔いオヤジとなっていたワタクシでございました。そこに現れました、アラ還ぐらいと思しきご婦人(おひとりでいらしていた)が…

つづきをよむ

超ひさびさに、マヌーJrがメッセージをくれました。先日、母マヌーとテレビを見ていたら、ドロドロ血の話題だったそうで…サラサラになるためにはなにがいいのか、ネットで調べてあげたとのこと。息子の言葉を信じ、マヌーはそば茶を買いに出かけたそうなのですが…マヌーが

つづきをよむ

リスは収穫したどんぐりを(たぶん備蓄目的で)土に埋め…食べる前に忘れてしまうそう。ツレちゃんも収穫したものを備蓄して…忘れてしまいます。そして長い時間を経て、周囲の人に動揺を与えるのでございます。リスが土中に忘れたどんぐりは、やがて芽を出し、未来の世代の

つづきをよむ

平日でもフツーに午前様だったバブルの頃…タクシーを拾うのは新人の役目でした。ところが、会社がタクシーチケットをばらまいていた当時は、タクシーの供給バランスが現在とは大違い。深夜になると、とにかく拾えません。タクシーの運転手さんの身分がぐんと上がってしまい

つづきをよむ

↑このページのトップヘ