♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です

同居十数年の♂♂カップルの、おバカ愉快な毎日をおもにマンガでお送りします☆

カテゴリ: 悪魔のような親友

知り合いから、「うたちゃんとキミツ氏はしょっちゅう会ってるの?」と訊ねられました。半年ぐらいフツーに会わないこともあります。友だちになって37年ぐらいなんですが、お互いの行動パターンをわかっていて、会ってもそのパターンからだいたい逸脱しない近況報告なので、

つづきをよむ

キミツから「その後、作品が映像化されるハナシとか来ないのか」と訊ねられました。いろいろな作家さんもそう思っていらっしゃると思いますが、ハナシ自体はぴょこぴょこ来ても、実際にその案件が成立して制作されるまでにはハードルがいくつもあり、実現されることは稀なの

つづきをよむ

○○と似てますねっていうのは、つい言いたくなりますが、地雷を踏むことも多いので… ワタクシは他人様に言わないことにしております。長い間ツルんでいる人は、顔が似てくるのでしょうか。ツレちゃんと似てると言われることが多くなってきました。過去に一度、キミツと似

つづきをよむ

年が明けてからも、またまた世の中がわちゃわちゃしておりますが、自分を見失って粉動されちゃなんねぇ、などと思っておりますワタクシ。しかし、キミツと友人とで話しておりましたとき…簡単に自分を見失いました(汗)。これは、ハチ兵衛です。よろしければ、こちらもどう

つづきをよむ

先日、キミツが知人にワタクシを紹介したのでした。永遠の「未来の大作家」、歌川たいじです。今後ともよろしくお願いいたします。これは、ハチ兵衛です。よろしければ、こちらもどうぞ☆キミツ爆弾、ぜひ武器として使いたいけど、たぶん制御が無理。 ほぼ夫婦生活20周年記念

つづきをよむ

キミツが我が家に参りまして…けっこうご馳走にもなっておりましたので、リキ入れておやつをこしらえたのでございます。結果、あんまり味がわからなくなりました。ブチ訴える。右がくろ丸、左がハチ兵衛です。 よろしければ、こちらもどうぞ。本来、東京の妖怪は調布にいる

つづきをよむ

先日、キミツをはじめ、むかしミュージカルの舞台にいっしょに立った仲間たちと超ひさびさに一杯やりました(時節柄4人で)。キミツからこんなことを言われるのは、皆既日食ぐらい希有なので、ちょっとやにさがったワタクシ。しかし、ちょっと名言ぽい言葉も毒に変えるのがキ

つづきをよむ

キミツと話していて、バッグの話になりました。「うたちゃんもトシなんだから、お高級なのひとつぐらい持ってたら?」と、キミツに言われたのでございます。身の丈に合った暮らしをしてまいります。手前がくろ丸、奥がハチ兵衛です。よろしければ、こちらもどうぞ☆キミツと

つづきをよむ

キミツの舞台俳優時代の所業を、当時の仲間が言いつけてくれました。ところが、その焼きそばパーティに、キミツはやってきたのでした。庶民にはゼッタイ届かないポジションでありながら、庶民のイベントに参加することは可能なポジションを、キミツは知っていた…というお話

つづきをよむ

キミツが、お知り合いが拙著「母の形見は借金地獄」を読んでくださった旨、お知らせの電話をくれました。「前向き」と言っていただくたびに、ちょっと心から湧き上がる言葉があるんですが、このとき噴出しました。これは、くろ丸です。よろしければ、こちらもどうぞ☆前向き

つづきをよむ

いつ頃のことだったでしょうか、キミツといっしょに昔の仲間と会ったときのことでございます。いきなり撃つの、ほんとやめて。これは、くろ丸です。よろしければ、こちらもどうぞ☆こういう意味では「キミじゃなきゃダメ」と思われているようです。 歌川たいじ -バケモンの涙

つづきをよむ

先日、キミツのお母さまが、ワタクシのことを心配してくださったそうで…それに対しキミツは…うるさいわッ的な返事をしておりました。同じ時間に、ワタクシ…あり得ないボケ倒しに、憤死しかけたのでございました。右がくろ丸、左がハチ兵衛です。よろしければ、こちらもど

つづきをよむ

先日、大将とかなちゃん夫妻宅で、またまたしこたまご馳走になっておりまして、昔の話に花を咲かそうとしたのですが…ふたりとも、きれいさっぱり憶えていないのです。ちょっと、過去の自分が迷子になった気がしましたが…数日後、キミツと知人とLINEしあっておりましたとき

つづきをよむ

キミツと共通の知り合い(けっこう年下)から、密告がありました。足の引っ張り合いという、輝くオトナとはかけはなれた醜態を披露してしまいました。これは、ハチ兵衛です。 よろしければ、こちらもどうぞ☆絶対に素直に褒めあうことはしない(汗)。 ワタクシの新刊小説、

つづきをよむ

キミツとワタクシが、まだ20代だった頃の話。話題になっていた映画をひとりで観に行こうとしていたら、キミツに「行っちゃだめ」と言われました。キミツと行くことにしたものの、2丁目でチャラい感じの青年に、その映画に行こうと誘われてしまい…「ごめんなさい、デートする

つづきをよむ

ツレちゃんは、よく言えば真っ直ぐなのですが、「オトナの事情」的なものをまったく理解しない面があります。先日、年下の同僚にこんなことを言われてしまったのだそう。まぁ、かく言うワタクシも、そんな面がないこともなく…昔、キミツとよくぶつかったものでした。まぁ、

つづきをよむ

キミツと話してて、80年代の話になりました。かつて綺麗なバラだった人、すべてに捧げます。東京には「とげぬき地蔵」というお地蔵様がありますが、ここで言うところのトゲは抜けないようです(汗)。これは、くろ丸です。よろしければ、こちらもどうぞ☆キミツと出会ったの

つづきをよむ

「Noと言えない性格で悩んでますぅ〜」という方は、世の中にどのくらいいらっしゃることでしょうか。若者時代のワタクシ、「やだねっ」とはしょっちゅう言うものの、「やだね」と言えるのは、最終的に引き受けてしまうのがわかっているとき限定でして…実質的には、孤立を恐

つづきをよむ

猛暑の外気温とエアコンの室内温度の温度差でカラダがだるいと、キミツにこぼしました。キミツは「肛門を日光にあてると劇的にカラダにいいんだって」と申しましたのでございます。「いまアメリカ女性の間で流行しているそうだよ、ウソだと思うならネットで調べてみろ」と言

つづきをよむ

あるメディアの方が撮ってくださったワタクシの写真があまりにもブサイクで、ショックを受け…軽く寝込んでおりましたら…そんなときに限って、いらんこと言いが電話してきたりするのでございます。なにが起きたか話し、しばらく刺激しないでくれと頼みました。知識はやさし

つづきをよむ

↑このページのトップヘ