♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です

同居十数年の♂♂カップルの、おバカ愉快な毎日をおもにマンガでお送りします☆

カテゴリ: 悪魔のような親友

キミツとワタクシの共通の知人が、「この前、キミツくんと会ったよ」とLINEをくれました。ワタクシの作ったお菓子がおいしいという、うれしい話題だったそうなのですが…そんな話題で、キミツが毒を吐かないわけがございません。そんなキミツに彼女が感心すると…キミツはこ

つづきをよむ

それは、まだワタクシもキミツも20代だった頃の、ある休日のことでございました。キミツにそう言われ、へこみまくったある日のことを思い出したのでございます。こんな励まし方は、人類で初めてナマコを食した人ですら「食えねぇ」と言うでしょう。※夏目漱石「吾輩は猫であ

つづきをよむ

キミツをLINEのお気に入りに入れていないことが、キミツにバレてしまいました。若者の皆さま、50歳を過ぎれば落ち着いたオトナになると思ったら、大間違い。ケンカしないのは、体力がなくなるからでございます(ケンカしてる人はまだ体力がある人)。よろしかったら、こちら

つづきをよむ

拙著「母さんがどんなに僕を嫌いでも」は、おかげさまでロングセラーとなっておりまして、お読みくださった方からしばしば温かいご感想をいただきます。いただく声の多くが、「キミツさんの言葉に感動しました」というもの。キミツとは10代で知り合い、以来30年以上、つきあ

つづきをよむ

みなさま、Facebookには、自分が死んだ後のアカウントの始末を友人や家族に依頼できるのをご存じでしょうか。ワタクシ、これを誰にお願いするか、決めかねておりまして…キミツとツレちゃんに、同じことを言われましたが…同じ返事をした次第なのでございます。さて、話は変

つづきをよむ

非道なキミツの振る舞いに、警告を発しましたワタクシ。それが的中したのか…キミツは屋根から足を滑らせ…二階から転落したのでございました(打撲とスリ傷ですんだそうです)。キミツは思うところあったみたいでして、改心宣言いたしました。半信半疑でしたが、後日、キミ

つづきをよむ

ワタクシが恐怖のノートを見つけたのは、かれこれ十数年前のことです。キミツの趣味は、家の間取りを書くことでして…ヒマがあると、将来建てるであろう豪邸(まだ建ててませんが)の間取り図をノートに書いていたのでございます。キミツの家を訪れましたとき、放り出された

つづきをよむ

まだ漫画を描きはじめる前の話でございます。ある日、キミツが「週末に、仕事がらみの午餐会があるからいっしょに来てほしい」と電話してきました。スーツを着てきてくれとのこと。そして、殿上人発言をかまされたのでございました。さて、午餐会の当日、キミツは高級ブラン

つづきをよむ

最近キミツと親交のあるイラストレーターの青年が、ワタクシにコンタクトしておいでになりました。彼は近々、初の個展を開かれるそうで、キミツに来てもらえないかと電話したとのこと。キミツが快く「行く」と答えたのが嬉しかったそうで、食事にも誘ったところ…キミツから

つづきをよむ

ちょっと前の話ですが、キミツのお店に仕事上でお世話になった方々をお招きして、ディナーをいたしました。その翌日、キミツは電話で…たいそう丁寧に挨拶をしてくれました。それからしばらくして、キミツの店の元スタッフが、偶然にブログを見つけてくれて、コンタクトして

つづきをよむ

↑このページのトップヘ