♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です

同居十数年の♂♂カップルの、おバカ愉快な毎日をおもにマンガでお送りします☆

カテゴリ: 僕は猫好きじゃない

猫好き同士は、めっちゃ連絡をとりあっていまして(猫のことだけで)…情報(猫のことだけ)を交換しあっているようです。信頼している猫好きから、これが猫にいいと聞けばまっしぐらなのでございます。献身的に高い水を(鮮度をめっちゃ気にしながら)捧げるツレちゃんです

つづきをよむ

2018年9月20日(木)13:00〜17:30 横浜にて、カータン×歌川たいじトークショーが開催されます(豪華客船の船上で)☆ 平日ですが、ご都合の合う方は、ぜひ、お越しくださいませ。参加無料です(詳しくは、カータンのブログをご覧ください)♪突然、ワタクシに生ケツを突き出

つづきをよむ

※ このお話は他人様から聞いた話を、さも自分で聞いたように書いた「事実をもとにした創作」です。出てくる弁護士さんは守秘義務守りません。すみません。まさに背水の陣となりました、猫の争奪戦。青年弁護士は、ついにハラをくくり…依頼者を説得したのでございました。青

つづきをよむ

※ このお話は他人様から聞いた話を、さも自分で聞いたように書いた「事実をもとにした創作」です。出てくる弁護士さんは守秘義務守りません。すみません。猫が夫からのプレゼントとわかり、解決への糸口を掴んだと思った青年弁護士は…猫の所有権を争う夫に…「裁判になどせ

つづきをよむ

ワタクシの新刊小説「花まみれの淑女たち」 の書影が発表になりました。ワタクシの本の中でいちばん美しいカバーかもです。多くの方々に読んでいただけることを心から祈って、2年かけて書きました。どうか、よろしくお願いいたします。Amazonで詳しく見る→※ このお話は他人

つづきをよむ

※ このお話は他人様から聞いた話を、さも自分で聞いたように書いた「事実をもとにした創作」です。出てくる弁護士さんは守秘義務守りません。すみません。離婚協議中、「猫の親権」をめぐって争いに争う夫婦。依頼人である妻に青年弁護士は、「猫は人間の子どもと違って"親

つづきをよむ

映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の予告編90秒ver.がリリースされました。ぜひ、ご覧くださいませ☆ 予告編を見る→※ このお話は他人様から聞いた話を、さも自分で聞いたように書いた「事実をもとにした創作」です。出てくる弁護士さんは守秘義務守りません。すみませ

つづきをよむ

いろいろありましたが、無事(?)にツレちゃんの新しいパスポートができました。そして、近所にお住まいのツレちゃんのお友だちが「もしツレちゃんと旅行に行くのなら、猫のゴハンとトイレの世話をしに毎日来てあげるよ」と、申し出てくださいました。猫たちのゴハンの好き

つづきをよむ

「ツレちゃんは猫をかわいがるばっかりで、お世話はもっぱらうたさんがやってるんじゃないんですか」というお問い合わせをいただきまして…「うたちゃんの描き方はバイアスを形成する!」と、ツレちゃんに言われました。実態をきちんと周知したいと、ツレちゃんが絵日記を描

つづきをよむ

我が家の猫、ハチ兵衛のヒゲがめちゃくちゃ短いので…「うたさん、まさか切ったり抜いたりしてるんじゃ…」などという嫌疑をかけられたりしておりました。ツレちゃんも、実はものすごく心配になっていたそう。まぁ、至って元気に過ごしてはいるものの、原因はなんなのかは知

つづきをよむ

自らも激しく愛し、さらに愛されることを望むオトコと…ふと気づくと寄り添っているオトコ…たしかに、激しさのない男のほうが、いっしょにいてラクだ。でも、そういうふうに思うのも激しい男がいるからであって、もし、穏やかオトコだけだったら、その良さもわからなくなる

つづきをよむ

確信犯的に仕事の妨害をするハチ兵衛ですが…猫には必ず味方がおりまして…我が軍、苦戦。戦の中、ツレちゃんはハロウィンパへと出かけました。さて、雨続きだったせいで、我が家の風呂場がかるくヤバイことになっておりましたので…猫を隔離した上で…少量で済むうちにと、

つづきをよむ

うちの猫・くろ丸さんは、お布団に粗相してしまいます。誰もいないときは寝室に入れないようにしておりますが、油断したスキにやってしまうのでございます。さまざまな方にアドバイスをいただいて、ペットシートにしたりトイレを大きくしたり、トイレの数を増やしたり、いろ

つづきをよむ

新宿2丁目のバーで、若者が声をかけてくれました。相方さんと吞んでる席でいっしょに吞まないかと誘ってくださって…若者ふたりにはさまれて呑めるのかと思いきや、相方さんはアラ還…ふたりは、歳の差34歳のカップルだったのでございました。ふたりの暮らしに興味が湧き

つづきをよむ

ツレちゃんの星座は、かに座。個性的でありながらも、非常に家庭的な性格の人が多いと聞き及んでおります。さて、話は変わりますが、ワタクシが帰宅いたしますとけっこうな確率で…いつからそうしていたのか、我が家の猫・ハチ兵衛とくろ丸が、ぴったり寄り添っております。

つづきをよむ

5月2日に有給をとりましたツレちゃんは、「せっかくのお休みをムダにしてなるものか」ぐらい張り切っておりました。茶助が逝ったときのツレちゃんの超大号泣は、たぶん動物病院で語りぐさとなっていることだろうと申しましたらば…ツレちゃんは真っ向から否定しておりました

つづきをよむ

我が家のハチ兵衛は添い寝王子でございますが…安眠は与えてくれません。そんなことであってもネコ大好き人間からすれば…光栄の極みなのかもしれません。しかし、ワタクシは暴言を放ちまして…ツレちゃんを怒らせてしまいましたが、ワタクシにはわかっているのでございます

つづきをよむ

皆さま、昨日は茶助やワタクシどもに、世界中から、温かいコメントやメッセージをいただきまして、本当にありがとうございます。ツレちゃんもワタクシも、ひとつひとつ噛みしめて拝読しております。お気持ち、心から、ありがたく感謝いたします。ツレちゃんは昨日、ずっと茶

つづきをよむ

茶助はジジ猫となりまして、糖尿病と腎臓病を患っておりましたが…病ジジ猫のわりには、寝転がって原稿を書いているワタクシの頭をひょいと飛び越え…いつも、ワタクシの背中でくつろいでおりました。しかし、今年に入ってからは頭を飛び越えられなくなりまして…さらに今週

つづきをよむ

先月、長く糖尿と腎臓を患う茶助が、やばい状態になりました。  もういつお迎えが来てもおかしくない年齢だし、長患いしているし、いよいよかもしれませんと獣医さんは仰いました。  獣医さんのおっしゃることも尤もですが、茶助は殺処分寸前でツレちゃんに救出され… 

つづきをよむ

↑このページのトップヘ