♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です

同居十数年の♂♂カップルの、おバカ愉快な毎日をおもにマンガでお送りします☆

カテゴリ: うたぐわなるままに

ワタクシの住んでおります集合住宅には、けっこうしょっちゅう、管理会社の方が巡回に来られます。ワタクシなど居住年数も長いものですから、ばったり行き会ったりすると、軽く世間話をしたりいたします。先日、外出から返ってまいりましたら、ゾンビぐらいコミュニケーショ

つづきをよむ

若者から気持ちを吐き出してもらったり、なにか助言を求められたりして、若者の役に立てたと思うと、なんだかとっても元気が出ると思っております。先日、若ゲイ君から「またそれかよ」的なLINEをいただきました。Kさんとは、ワタクシと同じ年生まれの渋いハンサムで、ワタク

つづきをよむ

花粉飛び交う我が街・新大久保で、イケメンの若ゲイくんとバッタリ行き会いました。自分の苦労話を伝えるためにこんなに壮大なマンガを描いてるワタクシに対し、彼はたった一言で花粉症の苦労をびしっと伝えてきたのでございました。  右がくろ丸、左がハチ兵衛です。よろ

つづきをよむ

「この広告、ほぼカツアゲなんじゃないかしら」的なの、業界を限らず多々見受けられますね。しかし人間、半世紀以上も生きれば、ふてぶてしくなるものでございます。ところが以前、美輪明宏先生が、年齢を重ねても美肌を保っていらっしゃる秘訣を公開されていました。安い日

つづきをよむ

自宅で原稿を書くのがおもな仕事のワタクシ。しかし、現在100%テレワークのツレちゃんが、ピリピリキャンキャン仕事してたりすると…筆が進まなくなるので、カフェで仕事しております(感染リスクのたらい回し)。 しかし、隣席の会話(先日はご夫婦のようでした)が聞こえ

つづきをよむ

ワタクシが子どもと接している記事について、某サイトに「ちいさい子どもをゲイに会わせるのはどうかと」的なことを書かれたことがありました。まぁ、会わせる会わせないについては、親御さんそれぞれの考えもあろうかと思いますが、理由がコレだったのがどうも腑に落ちませ

つづきをよむ

ワタクシ、運の悪さには定評がありまして、ワタクシが床にパンを落とすと必ずバターのついた面が床につくと言われております。そんなワタクシでございますので、昨今のような状況下では、真面目に外出を自粛するほかございません。tiktokにイケメン君がいっぱい投稿している

つづきをよむ

知り合いのクリエイターさんに作品の感想をお送りするのは、けっこうパワーが必要でございます。それでもまぁ、作品が気に入っていれば比較的ノって書けます。まずは喜んでほしいし元気づけたいので、冒頭はその作風や自分の盛り上がり具合にあわせた賛辞を書き殴ります。そ

つづきをよむ

先日、知人からこんなお問合せがありました。テレワーク中、会社から伝言を受けとった彼は… 取引先に電話をかけたとのこと。電話口に出た男性は、たぶんこう言おうとしたのでしょうが…こう言ってしまったとのこと。DNAの配列は似ているかもしれません。ちなみにツレちゃん

つづきをよむ

先日、ペロちゃんから「明日のランチなに作るの? マネしていい?」と、電話がかかってきました。自粛による自炊責めで、レパートリーのハイパーインフレが起こっているそうです。 「イナゴ」と聞き間違えていたようです。私はイナゴ(佃煮)もウミヘビ(イラブー汁)も食べ

つづきをよむ

「うたさんは、なんで若者とポンポン話せるんですか」と訊かれることがあります。たとえば、マスクしたままiPhoneの顔認証ができない面倒くささについて…ツレちゃんの若〜いお友だち、ポロンちゃんに話したことがありました。ほんと、この人としゃべってると、どこ連れてか

つづきをよむ

外出から帰ってまいりましたら、またまた待ち構えていたかのようなインド人・褐色の王子と鉢合わせいたしました。自粛自粛で話相手に不自由しているそうです。一昨年は日本人の知人がパーティに招いてくれたりしたと、彼は言いました。行ってみたらそこはパーティではなく、

つづきをよむ

自粛でヒマな褐色の王子(同じ建物に住むインド人)につかまってしまいました。インドにも「大丈夫(問題ない)」にあたる言葉(コヒーン・バット・ナヒーン)というのがあるそうなのですが、主に迷惑をかけちゃった側が(迷惑をかけられた側に対して)発する言葉なのだそう

つづきをよむ

我が東京では緊急事態宣言下となり、またまた生活スタイルの変更を余儀なくされました。そんな中、正月にほんのちょっと食べ過ぎたぐらいなのに、ギョッとするほど、体重計の数値が爆上がりしたのでございます。やはり、私的な緊急事態であっても、生活スタイルの変更は免れ

つづきをよむ

知人とLINEのやりとりをしていたら、こんなことを訊ねられました。腹黒いキミツなどは、たしかにムチ打ってはくるのですが…ワタクシが戦闘不能状態になるとイジれなくなるので、(意図的に)とどめを刺したりはいたしません。しかしながら、ツレちゃんと互角にボケ合うレベ

つづきをよむ

世界中のゲイが使っている、(ゲイの中では)メジャーな出会い系アプリがあるのですが、ワタクシのスマホにはインストールされておりません。入れてたらツレちゃんにこの世から消されます。まぁ寄る年波でもございますし、戦線に躍り出て暴れたいなどとは思っておりません。

つづきをよむ

一年の計は元旦にありと言いますが、元旦に抱いた抱負・目標・皮算用、ほとんどが新コロ禍もろもろで壊滅しました。振り返ると、悔恨の念を禁じ得ません。今年の毒は今年のうちに中和しようと、年末の足掻きをいたしましたのでございます。新コロ禍もろもろがありまして、恋

つづきをよむ

テレワーク中のツレちゃんが最近、忙しいらしく、ハバネロ級にピリッピリな空気。頻繁に新大久保のカフェで仕事するようになりました。ワタクシの弱点は、トシの割には耳と目がいいこと。新大久保は治安の悪い街だと言う人もいますが…確かにこの日、ワタクシは死にかけまし

つづきをよむ

ワタクシ先日、街中で激しい便意に襲われました(←よくある)。朝井リョウ氏的に言いますと、ドレミファソラシドのソに相当するレベル。ワタクシ、新宿でなら快適に用を足せるスポットを押さえ尽くしておりましたが、新コロ禍の影響で押さえていたカフェが閉店しておりまし

つづきをよむ

知り合いのノンケ・イケメン君が、こんなことを言ってきました。彼に「おいしかった」と言ってもらうことに、全霊の祈りを込めつつ、まぜごはん製作をしたのでございます。そして、彼に全力のまぜごはんを捧げたのでございました。そして、翌日。なんだか、彼よりも彼のお母

つづきをよむ

↑このページのトップヘ