♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です

同居十数年の♂♂カップルの、おバカ愉快な毎日をおもにマンガでお送りします☆

カテゴリ: うたぐわなるままに

新コロ禍以来、街にUber Eatsのおにいさんが激増しました。オンナはオンナに厳しいといいますが、オトコだってオトコに厳しいのだなぁとノンケ男友達との会話で思ったりもしましたが…就業のハードル低そうだし、この際、Uber Eatsのデリスタに転職しちゃおうかななどと思っ

つづきをよむ

まぁ、もちろん、会ったことのない人からあんまりズケズケ言われちゃうのもアレなんですが…小説なんかを書いているせいもあって、気難しい人と思われてしまうことも、たまにあるワタクシでございます。先日、お友だちがこんなことを教えてくれました。それは、ワタクシの芝

つづきをよむ

友人のご子息(高校生)が、拙著「バケモンの涙」を読んでくれて、LINEをくださいました。そう、高校生ともLINE交換しちゃうワタクシなのでございます。なんか、ウィルス扱いされたような気がしたのですが、梅雨の雨に流したワタクシでございました。これは、ハチ兵衛です。

つづきをよむ

この新コロ禍でワタクシ的に熱かった言葉は、「東京アラート」でも「三密」でもなく、「正常性バイアス」。慣れ親しんだ日常がひっくり返るなどありえない、あるいは、自分だけは大丈夫と思い込もうとしてしまう心理なのだそう。ところで、最近ワタクシがときめいております

つづきをよむ

大将が新居の購入を検討していた頃の話。住宅展示場のおねぇさんは、のっけから「そんな顔」してましたが…どんどん耐えられないっぽい顔になってきまして…7分ほどでギブアップして、訊いてきちゃいました。これは、くろ丸です。よろしければ、こちらもどうぞ☆オトコふたり

つづきをよむ

ネットでいろいろな国のレシピを探すのが好きで、理由もなく作ってしまう料理がたまにあります。ワタクシ、最初の1回めは必ずレシピ通りに作る主義。ところが、できあがってみると、とても馴染み難い味だったりするのでございます。そんなときは、思いつくものを総動員してリ

つづきをよむ

新刊「バケモンの涙」の限定500部(特典つき)予約受付 を開始しました。送料無料です。ぜひ、お求めくださいませ。 最近、ネットショップで買い物すると、配送会社から「置き配でどうっすか」とお訊ねメールがきたりするようになりました。たしかに配送効率は置き配のほう

つづきをよむ

2年ほど前から、お隣は中国人の若者が数人でルームシェアをして暮らす部屋となりました(たまにメンバーが変わる)。どの子もぶっちゃけ無愛想で、おつきあいはありません。緊急事態宣言が出された頃から、お隣に住む誰かが、昼間に大声で歌を歌うようになりました。声量もさ

つづきをよむ

友人や知人とビデオ通話する機会が増えてきました。会ったことがなかった、友人知人のお子さんと会えたりするのが、めっちゃ楽しい。そして、たまにお子さんを恫喝したりしております。これは、くろ丸です。よろしければ、こちらもどうぞ。だって、取り乱したことは取り繕っ

つづきをよむ

ここのところ、お籠りの休日には、我が家のブランチの写真をみなさまにご覧いただいておりまして、温かいお言葉をたくさんいただいております。亡き母は「素敵な食卓」みたいなのをやりたがる人で、他人様に召し上がっていただくものを作るとなれば、半端じゃなく気合の入っ

つづきをよむ

うーんと前の話ですが、浅く知っている人とSNSでつながったことがありました。彼は常に周囲の人や有名人を罵り倒す投稿を乱発していたのでございます。一転して、猫のことを書くときは、デレデレの大甘でした。いろんな人がいていいと思いますし、そこに闇があったとしても、

つづきをよむ

地方に行くのが大好きなワタクシ、どこにも出かけられない日々ですが、若者と旅行の写真を見せ合いっこしたりして、ガス抜きをしております。歌川たいじ -うたぐわ-@taiji_utagawa今日のお籠りブランチは、そば粉のガレット。折りたたむだけで、ひっくりかえさなくていいんで

つづきをよむ

ネットであれやこれやしておりますと、悪意のある言葉や、悪意がないのに突き刺さる言葉をくらうこともございます。ところがワタクシ、いじめられて育ったせいか、なかなかメンタル強いのでございます。同じような悩みを持つ知人から相談されたのですが、安藤美姫が「どうし

つづきをよむ

先日、誕生日のお祝いに、ゲイモテ君がプレゼントを送ってくれました。このとき、あのワニが脳裡をよぎりました。実はワタクシ、話題となった例のワニのまんがを読んだことがありません(流行のモノほど、すぐには食いつかない天邪鬼)。しかし、中年の間ですらこんなにも話

つづきをよむ

料理中の女子にムラッときてバックハグ…的な描写は世にあまたありますが…ワタクシは理系男子がいっしょうけんめい理的なことを説明してくれているときに…襲いかかりたい衝動を抑えております。ゲイは一般的に筋肉好きで、理系が大好きなどと言っても興味を持たれづらいの

つづきをよむ

2丁目で顔をあわせるたびに「カワイイ、カワイイ」とチヤホヤしてきた若者が、海外留学することに。「日本にいる間に一杯やりましょう」と、声をかけてくれました。全身が親心で満たされちゃいそうになりましたが…予想外のリアクションが。ここは、オトナのマジレスを返すと

つづきをよむ

ピンチをチャンスに変えろ…割とよく聞く言葉です。先日、電車の中で急に差し込み、激しい便意が直腸で牙を剥く事態となりました。そして、なんということでしょう、同時に腰までぐきっとキタのでございます。急ぎたいのに、急げない…駅のトイレは、個室が塞がっておりまし

つづきをよむ

スマホを使うようになってから、さまざまな帳面や文庫本なんかも消え(本はたいていアプリで読む)、バッグの中がスッキリしました。買い物メモや、プレゼントのアイデアリスト、備忘録などもぜんぶアプリに書くようになり、紛失することがほぼありません。作品の取材の際に

つづきをよむ

その昔、知り合いの作家さんの本を読んで、その感想をメールしたところ…なんか、叱られまして…それから、「考えさせられる」という言葉を使わなくなっておりました。さて、先日。しりあがり寿先生がVoをつとめるパンクバンド『親戚』が出演される(メンバー全員礼服)フェ

つづきをよむ

先日の福岡講演で、こんなことをお話ししましたのを、数日前に記事にいたしました。帰京して数日後、東京に来ていた谷口亮氏から連絡が。しりあがり寿先生といえば、まだ「おっさんずラブ」でもなかった90年代に、「真夜中の弥次さん喜多さん」という♂♂カップルが主人公の

つづきをよむ

↑このページのトップヘ