♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です

同居十数年の♂♂カップルの、おバカ愉快な毎日をおもにマンガでお送りします☆

カテゴリ: うたぐわなるままに

夏は疲れやすいですし、冷房負けしますし、寝苦しかったりして集中力も落ちるので、いつも執筆のピークにならないように頑張るのですが…出版社サイドの都合などもあったりして、毎年、執筆の修羅場を夏に迎えているワタクシでございます。漫画の絵入れなどは眠くてもできる

つづきをよむ

知り合いから、「うたさんて最近、イケメンていう言葉を使わないですよね」と、メッセージをいただきました。「イケメン」という言葉は、発祥はギャル語でして、それがゲイのクラバーの皆さんも使うようになり、いつしか世間一般に普及していった言葉でございます。この言葉

つづきをよむ

若者の首筋にキスマーク(← イギリス人は「ラブ・バイト」と呼んでいた)がついているのを見つけると、思わず凝視してしまうワタクシ。でもまぁ、若いからこそのものでもありますし(このトシになっては、そんなもの、つけてほしくたって誰もつけちゃあくれない)、咎める気

つづきをよむ

ちょっと人と会う用事がありまして、新宿2丁目のバーで呑んでおりましたらば、初めてお目にかかるひとりのお客さんが声をかけてきてくださいました。声をかけていただくのは嬉しいものですし、読者さんとわかると、とたんに腰が低くなりますワタクシ。ところが、彼はこんなこ

つづきをよむ

仲違いする三人の外国人と同じマンションに暮らし…なんの因果か…巻き込まれてるげな、ワタクシ。オーストラリア人・マイコー君と、インド人・褐色の王子、アメリカ人・オーソンさんの…三竦みの対立は…そう簡単には…解決を見いだせない状況でございました。ワタクシを巻

つづきをよむ

ワタクシの住むマンションで、話しかけられると長くなるのが、このお三方(いずれも外国人)。オーストラリア人のマイコーさんと…インド人の褐色の王子と…アメリカ人のオーソンさん。お三方は困ったことに、仲が悪いのでございます。ワタクシは大家さんじゃないし…「そう

つづきをよむ

今回はお食事中にそぐわない内容ですので、ご注意くださいませ。へろへろになりながらも、次刊小説の初稿を完成させました、ワタクシ。これを担当者に見せて、いろいろご指摘の赤入れをいただいて直すのですが、「やせる石鹸」のときのようなシゴキ(何度泣いたことか)が待

つづきをよむ

タックスノットには男性のお客さまも女性のお客さまもいらっしゃいますが、どちらにもまんべんなくお話ししますよう、心がけております。それでも、かわゆい男子とちょっと話し込んだりいたしますと…荒ぶる神となられる女性のお客さまがいらっしゃるのでございます。なので

つづきをよむ

福岡滞在中、誰かとお食事するときは豪華なご馳走をいただいたのですが、ひとりのときはホテルの隣のコンビニでサラダとちくわを買い、講演原稿のチェックやブログの更新などをしながらいただいておりました。そしたらば、福岡のお友だちがそんなワタクシを叱り…とっておき

つづきをよむ

拙著「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の内容は、発刊以来、テレビやラジオなど、さまざまな形でお伝えして参りましたが、今回ははじめて「講演」という形でお伝えすることになりました。ワタクシの講演会はいままで「笑いをとるのに命を賭ける」ぐらいの感じでしたが、今回

つづきをよむ

↑このページのトップヘ