♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です

同居十数年の♂♂カップルの、おバカ愉快な毎日をおもにマンガでお送りします☆

カテゴリ: ニチョ(新宿2丁目)通信

ムリめな片思いの相手にコクりたい人から、背中を押してほしいぐらいのリクエストを受けることがあるのですが…意外にもワタクシ、無謀なコクりはイカンという慎重派です。コクるのではなくて、「間合いを詰めたいアピール」ぐらいに留めておけば…脈がなければ向こうが距離

つづきをよむ

知人女性の中に、ゲイの親友がいるという方がいらっしゃいます。ノンケ男性の友達は、恋愛の方向に行くか行かないかの分岐点がつねにあるような気がするし…女性同士の友達は、常にチェックし合う空気があるような気がするのに対して…どのどちらの空気もないゲイは、まさに

つづきをよむ

キミツに弟子入りしたいとワタクシに訴えてきた若ゲイくんがいました。オトナ意見で言い含めようとしたワクシでしたが…彼は「やられたらやり返さないと気がすみませんッ」と、血気盛んでございました。後日、ネット配信ドラマをひとりで観ていたカレシから、ネタバレ発言を

つづきをよむ

お友達の若ゲイくん(けっこうモテる)が、いつもボヤいておりまして。「そんなに選んでるわけじゃないですーっ」と彼は言うのですが、そういう人は、好きになるのは得意だけど、好きになられるのはニガテ…という人が多いと思うのです。惚れっぽい人なら比較的カンタンに人

つづきをよむ

ペロちゃんがパートナーのフォン君との記念日が近づいていまして、「記念日になんかしたい」と申しました。千葉や伊豆など台風被害に遭った観光地は、お客さんが来なくてダブルパンチを喰らっていると聞きましたので、「人助けになってお肌もキレイになって、カップルの思い

つづきをよむ

神対応で有名なゲイバーのマスター・ツトムさんの店で、またもやお客同士のケンカが発生したそうです。まわりドン引きの空気の中ツトムさんは…見事なタイミングで神技を繰り出し…笑いに着地させたそうです。これは、ハチ兵衛です。よろしければ、こちらもどうぞ☆2丁目奉行

つづきをよむ

「自分がゲイだということを抑圧したまま、40代になってしまい、カレシはおろかゲイ友もいません」という、中年ゲイ氏からご質問をいただきました。たしかに若者でないということは、2丁目では…有利ではありません。しかし、大切なのは年齢などよりも、あくまで「キャラ」で

つづきをよむ

相方さんと同居されているゲイの読者さんからメッセージをいただきました。PayPayの今回のキャンペーンは、スーパーでの高率還元だそうでして…最大10%ぶんのPayPay残高が還元されるのだとか。確認してみたところ、対象店舗は一番近い店でも徒歩25分(クルマ社会ではない東京

つづきをよむ

すみません、ド修羅場につき、たった一枚の絵で展開するという暴挙に出ました。ご笑覧くださいませ(汗)。実際にあった、オネエ会話の真髄的な話です(汗)。-----------ハチ兵衛がTシャツを毛だらけにしてくれます。よろしければ、こちらもどうぞ☆すべてのゲイが面白いワ

つづきをよむ

リスペクトするベテラン・ゲイバーママ、ツトムさんのお店に、お客が全員石化するような怒鳴り声が響き渡ったことがありました。よく来るお客である歳の差カップル(同居しているそう)が、ケンカを始めたのです。他人がとてもとても嘴をつっこめない内容で…この凍りつく空

つづきをよむ

昨日登場した予備ちん君は、ゲイであることを公表しているオープンリー・ゲイですが、オープンリーにありがちな想いを抱えていました。さっそく彼は、姉と話してみたそうです。姉の話では、アウェイなところで友人を作らなきゃならない場面でも…これイッパツで話題をかっさ

つづきをよむ

※今日の記事は、ちょっとアダルティです。新宿2丁目でたまに会う若ゲイ君から、SNSメッセージが届きました。昔は実家にいたたまれなくて、遠く離れて暮らすゲイも多かったものでしたが、人それぞれの生き方が尊重される時代になってきて、実家や実家近くで暮らすゲイも増え

つづきをよむ

30歳のゲイ読者ですとおっしゃる方から、ネタ提供をいただきました。母とLINEの組み合わせというのは、さまざまドラマがあるものでございます。これは、ハチ兵衛です。よろしければ、こちらもどうぞ☆母との思い出を更新してくれるツレちゃんの話です。まぜごはんの思い出(2

つづきをよむ

新宿2丁目のバーで飲んでいたら、若者が声をかけてきてくれました。被害者と加害者が目まぐるしく入れ替わった数分間でございました。「あなたの悪事、ワタシが見ていました」的なハチ兵衛です。よろしければ、こちらもどうぞ。陰謀渦巻く新宿2丁目の話です。ぐるぐる(2015

つづきをよむ

新宿2丁目・邪悪な女子連合(JJ連)の女工作員同士でひさびさに顔をあわせ、台湾に参りましたときの写真を見せたりしておりましたらば…やばいげな人がやってまいりました。彼はしばらく前、不釣り合いなイケメンとつきあいはじめ…すぐにフラれ…やばいげな世界に旅立ってし

つづきをよむ

ほんっとに久々に、新宿2丁目でトンちゃんに会いました。お互い忙しくてここ数年、ほとんど会えてなかったのですが、元気そうでなによりでした。再会を喜び合っておりましたら、店の中に荒れてる御仁がひとり。相当な傷心のご様子で…ちょっとデスパレートしていらっしゃった

つづきをよむ

加齢とともにアブラの分泌が減ったワタクシは…ペロにつきあってもらい…やさぐれたオネエ二人連れといった風情で…ボディバターを買いに行ったのでございました。そしたら、ショップのスタッフさんがイケメンだったのです!ワタクシの心が粉をふくことは当分ないなと感じた

つづきをよむ

ボディバターという名前を初めて耳にしたのは、女友達からでしたが、ぜんぜんピンときませんでした。ギラギラの中年だったワタクシ、アブラなんぞ、いくらでも分泌していたのでございます。ところが最近、加齢と共にアブラの分泌が減ったらしく、乾燥による両足のかゆみで夜

つづきをよむ

新宿2丁目を跋扈する邪悪な女子連合(JJ連)の女工作員のひとりが、超モテキャラの若者とつきあいはじめたことを、以前、ちらっと描いたと思うのですが…。彼にしては長続きしたものの、そろそろ落ち着きたい40代と経験を重ねたい20代とでは意識ギャップがあり、それがこじれ

つづきをよむ

よく行く新宿2丁目のバーで、会うと必ず肩を揉んでくれる若者がいるのですが、嬉しいような…寂しいような…。しかし、腹の中は奸計しかないワタクシ。キャピキャピできる状況に持っていくのは得意です。若者クンはいい子で、空気を壊さずに…適正距離にちゃんと戻ってくれま

つづきをよむ

↑このページのトップヘ