00001

トンちゃんと話しておりましたときのこと。

00002

添い寝王子とは、寝床に着いたときに現れて甘い言葉を囁いてくれる、妄想上のハンサム君。まぁ、ナイトキャップのようなものでございます。現実では腕枕などされたら、相手の腕が痺れてやしないか気になって仕方がなくなりますが、妄想ならば甘え放題。

00003

7歳の頃から、添い寝王子は脳内に存在しております。

00004

妄想とはいえ、あんまり取っ替え引っ替えはできないワタクシなのですが、長く生きてまいりましたうちに何度か交替はありました。歴代の添い寝王子をトンちゃんに話しました、ワタクシ。

00005

00006

00007

トンちゃん、相変わらず手厳しい。

00008

00009

よろしければ、こちらもどうぞ☆
昔の彼に会ったなら…

むかし私が愛した人(2015年11月15日)→
00010

2018年秋に全国公開の映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも(歌川たいじ原作)」関連のコンテンツは、こちらからご覧くださいませ。記事を見る→

62e9b48e




いつも、ありがとうございます。          

人気ブログランキング投票にご協力をおねがいいたしますー。 クリックしてくれたら、やる気100万倍っ(>o<)


絵日記ランキング 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆    

このブログの更新情報を、以下のSNSで受け取れます。            
ぜひぜひ、登録・フォローしてくださいね♪            

btn_add_line            
↑ライブドアブログ公式アカウントを友だち追加してください。           

btn_add_facebook            

btn_add_twitter            


00010           

歌川たいじの書籍のページへ→