00001

以前に勤めておりました会社の元同僚から、めちゃくちゃ久しぶりに電話をいただきました。

00002

面倒見てもらった先輩が定年退職されるそうなのですが、「お別れ会に、うたちゃんも来てほしい」とおっしゃってくださっているそうなのでございます。

00003

さて、最近、同年代のノンケのお友達に、迂闊にこういうことを訊けないなと感じております。

00004

こんなお返事がかえってくることが、正直に言ってくださる方だけでも往々にしてありまして、リアクションに困るからでございます。

00005

これは尻をひっぱたいてなんとかなる問題でもないので、なかなか厄介。

00006

00007

00008

00009

00010

NPOなどの力を借りて支援してもらったほうがいいのかもしれません。

00011

00012

00013

彼が身近なものの価値を理解したとき(けっこうボケ倒しな母とか)、それがブレイクスルーのときかもしれないと思ったのでございました。

00014

00015

よろしければ、こちらもどうぞ♪
ドロシーがニートな元カレと再会したときの話です。

ニート元カレのその後(2017年1月23日)→
00016






2018年秋に全国公開の映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも(歌川たいじ原作)」関連のコンテンツは、こちらからご覧くださいませ。記事を見る→

62e9b48e




いつも、ありがとうございます。          

人気ブログランキング投票にご協力をおねがいいたしますー。 クリックしてくれたら、やる気100万倍っ(>o<)


絵日記ランキング 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆    

このブログの更新情報を、以下のSNSで受け取れます。            
ぜひぜひ、登録・フォローしてくださいね♪            

btn_add_line            
↑ライブドアブログ公式アカウントを友だち追加してください。           

btn_add_facebook            

btn_add_twitter            


00010           

歌川たいじの書籍のページへ→