東京人にとって、「北海道」のブランド力は強大でございます。

農産物や乳製品、スイーツなど、このブランド力にあやかる商品はことごとく、「北海道」の名を何よりも目立つように掲げているのでございます(一時期バターが品薄だったとき、スーパーに「中国からの原乳輸入が難しいため、雪印北海道バターはただいま品切れ中です」と書かれた紙が貼られていて笑った)。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-1

ワタクシやツレちゃんのように東京生まれの東京育ちにとっては、北海道は永遠に「旅行してみたい憧れの地」でございます。ところが、ブランド力が強大な割には、道外の人々は北海道民にとって当たり前のことをあまり知らなかったり…

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-2

道民は道民で、「道内では当たり前のことが道外では当たり前ではない」ことを知らないこともしばしばなのだそうでございます。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-3

札幌オフ会に先立って、ワタクシはツレちゃんをかつごうといたしました…

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-4

北海道では冬場に便座が凍結して尻に貼付いてしまうため、ほとんど和式トイレしかないという嘘を信じ込ませようとしたのでございます。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-5

ところがツレちゃんは、生意気にもひっかかりませんでした。20年前に仕事で数時間過ごしただけという、実質・初札幌なワタクシと違い、ツレちゃんは仕事でがっつり滞在したことがあるからでございます。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-6

しかも、単身で出張・滞在したとのこと(なんという無謀な会社でございましょう)。そのときのツレちゃんは、札幌の街中でほとんどの時間、道に迷っておりましたそうでございます。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-7

牛丼店はおろか、マクドナルドやドトールに至るまで、一人で入ったことがほとんどないというヘタレ性のため、ろくな食事もできなかったそうなのでございますが、いよいよ帰京する日に「どうしても北海道らしい海鮮料理がたべたい」と思ったらしく、勇気を奮い起こし、比較的ハードルの低い回転寿司に入ろうと画策いたしましたが…

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-8

ようやく見つけた回転寿司は「パサール」という店名だったそうで、入るのにちょっと腰が引け、とうとう海鮮にはありつけずに帰京したそうなのでございました。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-9

この、回転寿司店・パサールについて、ちょっと調べてみましたワタクシ。「けっこう評判のいいチェーンで、爆乳ソフトというソフトクリームが有名らしいよ」と、ツレちゃんに告げましたところ…

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-10

ツレちゃんは、爆乳ソフトを食い逃がした自分に腹を立てつつ、「オフ会の会場をパサールにしろ」と要求してきたのでございます。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-11

「だめです、オフ会は札幌駅近くのイタリア料理店に決めちゃっています。63名でちょうど貸し切りとなるお店は、(ぐるナビでは)ここしかないんだから!」と、ツレちゃんを諭しましたらば…
今度は「じゃあ、読者さんとの待ち合わせランチをパサールにしてッ」と、どこまでもパサールを諦めないご様子。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-12

「ランチだって、読者さんとの交流が目的なんです。回転寿司で一列に並んで食べるんじゃ、交流にならないでしょッ」と、断固要求をはねつけたワタクシでございました。
「ランチは、札幌場外市場で食べることにいたしました」と、もう変更がきかないことをツレちゃんに言い渡したのでございます。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-13

そして、ツレちゃんに殺し文句を一発。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-14

「海鮮パラダイス北海道の場外市場ともなれば、その土産物店たちは試食パラダイスでもあるにちがいないよ」

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-15

この一言に、ツレちゃんはもう、爆乳ソフトのことは思い出さなくなったのでございます。しかし、このチョイスが、札幌でツレちゃんを窮地に追いやることとなったのでございました。

いつも、ありがとうございます。

人気ブログランキング投票にご協力をおねがいいたしますー。 クリックしてくれたら、やる気100万倍っ(>o<)


絵日記ランキング 

【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-ぴよぴよ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

このブログの更新情報を、以下のSNSで受け取れます。 
ぜひぜひ、登録・フォローしてくださいね♪ 

btn_add_line 
↑ライブドアブログ公式アカウントを友だち追加してください。 

btn_add_facebook 

btn_add_twitter 


00010

歌川たいじの書籍のページへ→