ゲイでもあるイギリスの俳優が「同性愛者のカップルの子育ては最悪だ」と発言したことが、つい10日ほど前にニュースになりました。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-1

まぁ彼は彼の目線で思ったことを言ったに過ぎないし、同性親の子育てを疑問視する同性愛者もいるので、発言自体を問題視したゲイは少なかったのですが、そのニュースに対する人々のコメントに、
「自分の両親が同性だったら気が狂う」
「同性愛者なんて自然の摂理に反する狂った存在なのに、子どもを育てるなんてとんでもないことだ」というものが多々見られたことに、怒りをあらわにするゲイ友がけっこうおりました。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-2

しかしまぁ、ワタクシとしては、「社会人として立派に生活していて、子どもに充分な愛情を注げるかどうかを判断基準にするべきであって、同性愛者かどうかを基準にするなんておかしい」という意見も思ったよりたくさんあったことが、逆にうれしかったのでございました。20年前だったら考えられなかったことでございます。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-3

昔は、ひとり親家庭やステップファミリーの子どもにだって偏見を持つ人は少なくありませんでした(友だちの親が「歌川くんはお父さんいないから口が達者なのね」と友だちに言っているのを聞いてしまったこともあった)。
いまではそんな子どもの数も増え、家庭ごと・子どもごとに違うのだということが、昔よりはだいぶ認知されてきていると思います。

同性親だって当事者がたくさんあらわれて、同性親の子どもたちが社会にたくさんでてきたりしたら、ノンケ親だって同性親だって子どもをちゃんと育てる親・育てない親がいるし、その子どもだってひとりひとり違うのだということがわかってくるんじゃないのかなと思うのでございます。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-4

ワタクシの友人の♀♀カップルは、ふたりとも離婚歴がありますが、お互いが連れてきた子どもをふたりで10年以上育てています(いちばん上の子は中学生)。道なき道を歩んだ彼女たちは、死闘を繰り広げてきましたが、そうして守ってきた「家族」は、ちゃんと結束しています。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-5

男性から精子提供を受けて子どもをもうけようと何年もがんばっていた♀♀カップルが、今年、めでたく男児を出産しました。彼女たちも懸命に0歳児を育てています。どちらのカップルも、後続に道を作るべく、自分たちのことを公表して頑張っているのでございます。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-6

ちょっと話は違うかもしれませんが、同性愛者の保育士や教諭や栄養士だってたくさんおります。子どもを育てているのは、もはやノンケだけではないのでございます。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-7

などと申しておりましたら話の雲行きが変わり、ゲイ友たちは「あんた、ツレちゃんのことこんなに赤裸々に書いて、ツレちゃんは嫌がってないの?」「自分がツレちゃんだったら、耐えられないんですけどっ」と、ワタクシを追求しはじめたのでございます。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-8

なので一発、威嚇をかましたのでございましたが…

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-9

世間様のこういうところって変わらないよなぁ…と、思わされるに至ったのでございました。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-10



いつも、ありがとうございます。

人気ブログランキング投票にご協力をおねがいいたしますー。 クリックしてくれたら、やる気100万倍っ(>o<)


絵日記ランキング 

【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-ぴよぴよ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

このブログの更新情報を、以下のSNSで受け取れます。 
ぜひぜひ、登録・フォローしてくださいね♪ 

btn_add_line 
↑ライブドアブログ公式アカウントを友だち追加してください。 

btn_add_facebook 

btn_add_twitter 


00010

歌川たいじの書籍のページへ→