読者のみなさまには特にお知らせしませんでしたが、先々週の水曜日に、師匠のピンチヒッターでタックスノットで水商売をしておりました。そこに、フランスから来たいうお客さまがいらしたのでございます(地方で仕事する予定だが2日間だけ東京で休暇とのこと)。

彼は英語が上手で(フランス語なまりがない)「東京はすばらしいっ!大好きだ!」と、しきりに言ってくださいました。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-1

お名前をおうかがいしたところ、彼は「ザビエル」とお答えになりました。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-2

他人様の見た目を笑ったり揶揄したりすることを厳に戒めておりますワタクシでございますが(対キミツを除く)、どうしてもお名前と彼の頭頂部の符号を考えないわけにはまいりません。ザビエルと言えば、頭頂部の毛髪が薄くなった人を残酷にも嗤うためにも使われる固有名詞だからでございます。

この先日本でお仕事をされてお名前を名乗るたびに、「ウケ狙いで言ってんのか」と勘違いされ笑われて、爆笑の理由を知った彼は深く傷ついてしまうのではないかと、激しく心配になったのでございました。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-3

とりあえずニックネームなどで自己紹介したほうがいいのではないかと考えたワタクシは、「日本でザビエルとは名乗らないほうがいいかもしれない、日本人はザビエルと聞くと大抵、フランス人だとは思わないからだ。スペイン人かポルトガル人だと思ってしまう」と、彼に告げ…

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-3

スペイン人のフランシスコ・ザビエルが、ポルトガル王の命にてキリスト教を日本に伝えた人としていかに有名かを説明いたしました。

「教科書には必ず肖像画が載ってるし、ザビエル高校っていう高校もあるし、大阪にはザビエル公園、大分には名菓・ざびえる、熊本には名菓・ザビエルの誉れっていうのがあるぐらいなんですよ。そのぐらい有名だから、フランス人というイメージがわかないの」

すると、隣の席にいた若者ゲイが、「フランス生まれのザビエルですって言えばいいじゃん」と余計な口をはさんだのでございました(しかも英語で)。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-5

日本で「ザビエル」といえば違う意味合いもあるという真実を、彼に告げようか否か、いよいよワタクシは迷いました。

いつか傷つく形で知るよりも、いま気づかいのある形で知ったほうがいいのではないか…

でも、親切であるかどうかは別として、人は傷つくことを言った人を怨むものだしなぁ…

自ら率先して日仏間の絆を断ち切るようなことはしたくないなぁと思った矢先に、若ゲイが…

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-6

「日本ではハゲてる人のことをザビエルと言います」と、言ってしまったのでございます。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-7

ザビエル氏は、激しくショックを受けていらっしゃいました。

「日本が大好きになったところだったのに…好きになった人が、とてつもなくビッチなことを知ってしまったような気分だ」
「日本には残念なことがふたつある。原発事故の対応と、ザビエルという言葉の使い方だ」

などとぼやかれ、「日本におけるザビエルの使い方を変えるためにはどうしたらいいのか…」と、お尋ねになりました。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-8

この日仏間の絆にひびをいれたのは、誰なのか。
ワタクシなのか。
若ゲイなのか。
「日本人」なのか…。

案外、フランシスコ・ザビエルなのかもしれないと思った、ワタクシだったのでございました。


<おまけの豆知識>
$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-9


いつも、ありがとうございます。

人気ブログランキング投票にご協力をおねがいいたしますー。 クリックしてくれたら、やる気100万倍っ(>o<)


絵日記ランキング 

【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-ぴよぴよ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

このブログの更新情報を、以下のSNSで受け取れます。 
ぜひぜひ、登録・フォローしてくださいね♪ 

btn_add_line 
↑ライブドアブログ公式アカウントを友だち追加してください。 

btn_add_facebook 

btn_add_twitter 


00010

歌川たいじの書籍のページへ→