みなさま、大変なことが起きてしまいました。

なんと、あの糸井重里さんがワタクシの新刊「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の帯コメントを書いてくださることになったのでございます。中学生の頃にジュリーの「TOKIO」や百恵ちゃんの「恋は千里眼」を聴いて以来、作詞・糸井重里と書いてある曲は矢野顕子さんでも松本伊代ちゃんでもなんでも聴いてきたし、その後「ヘンタイよいこ新聞」、「コピー道場」などを読み漁って大人になったワタクシ。

このブログのタイトルだって、「ほぼ日刊イトイ新聞」から"ほぼ"という開き直り方をいただいてつけたタイトルだったのでございます。

ことの経緯は、編集者の方が、ワタクシが提出したネームをすごく気に入ってくださって…


$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-1

ものすごくモチベーションを上げてくださったのでございます。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-2

そして彼女は、ワタクシ的にはありえないお名前を挙げたのでございました。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-3

ワタクシは軽く「あんなお忙しい方に、ご迷惑でしょ」的に思っておりましたが…
彼女は「ちゃんとスジを通して送れば検討ぐらいしてくれるでしょッ」と、本の冒頭のゲラ(このブログでは「東京スカイツリー」にあたる内容)を糸井さんに送ったのでございます。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-4

そうしたらば、なんと、糸井さんのスタッフの方から連絡があり、糸井さんが「続きを読みたいから送ってください」とおっしゃっているとのこと。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-5

糸井さんは稚拙な原稿をとても評価してくださって、帯コメントを快諾してくださったのでございました。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-6

さてさて、先日ブログに描きました、「ツレちゃんの美容液マスクのエピソード」。3本載せるテキストエッセイの挿入マンガとして描きましたが、編集サイドの意向で挿入マンガはナシということになりました。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-7

なんですが、糸井さんの帯コメントを、デザイナーさんがこれまたものすごく真剣にデザインしてくださった表紙を見てツレちゃんは、けっこうすんなり納得してくれました。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-8

さて、本日、歌川たいじ商店でも新刊の予約受付を開始いたしました。
儲けはほとんどなくても、ワタクシとツレちゃんの手発送を喜んでくださる方に、この手でお届けしようと思ったのでございます。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-9

ところが、出版流通の機関から、本屋さんとワタクシでは仕入れ値が違うということをしらされまして…

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-17

なので、
もしももしも送料ぶん160円を上乗せして払ってもいいという方がいらっしゃいましたら、その方はDX特典付きを選んでくださいませ。編集者と著者がページ数の都合で泣く泣くカットした4Pのプリントアウト、そのほか特別おまけエピソード2P、歌川たいじ直筆手書きキャラクターシートと、た~っぷり特典を同梱します☆

いや、送料はちょっと…という方は、特典つき通常版を選んでいただけましたら、それにもちゃんと、特別おまけエピソード2Pをおつけいたします(在庫があまっちゃったら、茶助の爪研ぎになっちまうので、送料込でもどうぞお買い上げくださいませ)。

海外の方は、2月中旬から受付開始いたします。かならずお届けいたしますので、もうちょっと待ってやってくださいませね。

$【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-11



いつも、ありがとうございます。

人気ブログランキング投票にご協力をおねがいいたしますー。 クリックしてくれたら、やる気100万倍っ(>o<)


絵日記ランキング 

【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-ぴよぴよ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

このブログの更新情報を、以下のSNSで受け取れます。 
ぜひぜひ、登録・フォローしてくださいね♪ 

btn_add_line 
↑ライブドアブログ公式アカウントを友だち追加してください。 

btn_add_facebook 

btn_add_twitter 


00010

歌川たいじの書籍のページへ→