小豆島は瀬戸内海の海の幸にあふれたグルメスポットだと思い込んでいたワタクシ、やっとたどりついたレストラン・寒霞渓という小豆島の絶景スポットのお食事処が、昭和のドライブインみたいなメニュー構成であることにヘソを曲げ、素直になれないむくれブスとなっていたのでございましたが…

1

寒霞渓の頂上からの眺望には、素直に感動したのでございました。

2

長距離を空腹のまま歩いたので、帰りは循環バスに乗ろうと思ったのでございましたが、ロープウェイ乗り場の職員さんから非常にショックな宣告を受けたのでございます。

3

そんな…循環バスの乗り放題フリーパスとか売っているのに(買ってないけど)…しかも2000円という高額なのに(買ってないけど)…バス来るの2時間後って…。2時間あったら、6Kmぐらい余裕で歩けてしまいます。

4

ぷりぷりしながら歩いておりますと、車だったらスルーしちゃいそうな立て看板を発見したワタクシ。「石門洞」というミステリアスな名前のネーミングに惹きつけられ…(さっきネーミングに騙され痛いめにあったばかりなのに)。

5

えらい急勾配の、「遊歩道」と標記された道を歩きはじめたのでございました。

6

奥に入ると、もっと、あり得ないような急勾配。

7

こんなカンジの急勾配の坂が、700~900メートルほど続くのでございます。

8

またしても標記に騙され、痛いめに遭うワタクシ。難所だけあって、ワタクシ以外は人は一人もおらず、全裸で歩いても一切問題ないほどでございました。

9

前腿の筋肉をパンパンにしてたどり着いたのは、崖をくりぬいたような中にすっぽりとお堂をはめこむようにして建てられた、圧巻の建築物でございました。お堂の隣には不動明王が彫り込まれております。

10

こんな、転んだら死ぬような勾配の坂を何度も行き来して、これを作ったのだろうか。また、維持してきたのだろうか。その情熱が愛おしく、非常に心揺さぶられたワタクシだったのでございます。

11

さてさて、そんな経緯がありながら6Kmの道のりを引き返し、食べ物屋さんを探しましたが、フェリー乗り場の横に、いかにも発着の間にささっと食べちゃうカンジのうどん屋さんがあるだけ。小豆島はおいしいものだらけ幻想に脳がおかされておりましたワタクシは、まだ瀬戸内の海の幸に未練いっぱいでございました。

12

オリーブの名産地であります小豆島には、オリーブ公園という道の駅がございまして、そこまでは4Kmほどありますが、そこに行けば食事処があるだろうと思い、歩きはじめたワタクシ。

13

しかし、ランチタイムを過ぎると、オリーブ公園のカフェではお食事できないとのこと。オリーブのソフトクリームとかオリーブのクッキーとか、オリーブの塩漬けのお土産とか、そのテのものしかありません。

14

オリーブ公園はたいそう美しい公園でございましたが、景色で腹は膨れません。

15

なすすべもなく、また4kmの道を引き返し…

16

心折れて、フェリー乗り場のとなりのうどん屋さんで、生醤油うどんをいただきました。

17

はじめっから、ここで食っときゃよかったと、激しく後悔したワタクシだったのでございます。

18

夜になると、香川在住のお友だち♂♂夫婦が高松で郷土料理を食べに連れて行ってくださいました。なんでも、小豆島ではお食事難民になる方が多いのだとか。ワタクシが勝手にグルメスポットだと思い込んでいただけだったのでございました。

19

石門洞に感動した話をいたしますと、「香川にはそういうの、けっこうあるよ。珍しくはない」とのことだったのでございます。

20

香川の郷土料理で「へー」と思ったのが、これ。たくあんのきんぴら。おいしかったです。のり巻きのかんぴょうのような味わいで、刻んでちらし寿司に入れたらおいしいんじゃないかなと思うほど。しかし、たくあんはそのままでも充分おいしいのに、なぜわざわざ炒めて煮ようと思ったのか。主婦感覚では面倒な一手間のはずなのに…ちなみに、これは県西の郷土料理で県東の人々にはあまり知られていないというお話でございました。

21

これは、高知・四万十の栗を使った、栗焼酎「ダバダ火振」。うまいです。黒糖焼酎とちょっと香りが似ています。

22

24


いつも、ありがとうございます。

人気ブログランキング投票にご協力をおねがいいたしますー。 クリックしてくれたら、やる気100万倍っ(>o<)


絵日記ランキング 

【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-ぴよぴよ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

このブログの更新情報を、以下のSNSで受け取れます。 
ぜひぜひ、登録・フォローしてくださいね♪ 

btn_add_line 
↑ライブドアブログ公式アカウントを友だち追加してください。 

btn_add_facebook 

btn_add_twitter 


00010

歌川たいじの書籍のページへ→