さてさて、いろいろなところで書きました通り、幼少の頃には母からつらく当たられることが多かったワタクシ。ばあちゃんだけが味方であり、逃げ場でもありました。

1

ばあちゃんのおいなりさんがあるかぎり、笑顔がなくなることはなかったのでございます。

2

母は、なんかカリスマ性があり、とりまきみたいな人が大勢おりました。ある日、彼女たちの口から、ばあちゃんの悪口らしき言葉が聞こえてきたのでございます。

3

子どもでも、誰のことを言っているのか、良く言っているのか悪く言っているのかぐらいはわかります。

4

ワタクシは幼き怒りに燃え…

5

とりまきのおばさんにタックルをかましたのでございました。

6

母にぶたれましたが、かまいませんでした。

7

ばあちゃんにどんな事情があったって、絶対に悪くは言わせないと思っていました。

8

でもそれは、初めて抱えた「ばあちゃんに言えないこと」でもありました。いつもは、ばあちゃんに言いつけて、そのあと甘えていろんなことを忘れていましたが、今度はそうはいきません。

9

工場の倉庫でひとり座っていたら、そこにやってきたのは、藤沢青年だったのでした。

10

彼は子どもの話を聞いてくれました。「お母さんは君のためを思ってやったんだよ」的な、普通なことを言われちゃうんだろうなと思っていたのですが…

11

彼の言葉は、まったく違っていたのでした。

12

彼の言葉が正しいかどうかは別として、ワタクシは「わかってもらえた」という気持ちになって、本当にパッと心が軽くなりました。

13

彼に嫌われないように、いろんなことをちゃんとやろうと、8歳のワタクシは思ったのでございました。

14

そしてその数週間後、大事件が起きたのでした。学校に行っている間に、ばあちゃんが工場のローラーに手を巻き込まれ、指がつぶれた、骨が見えてしまうような大怪我をしたのです。

15

16

いつも、ありがとうございます。

人気ブログランキング投票にご協力をおねがいいたしますー。 クリックしてくれたら、やる気100万倍っ(>o<)


絵日記ランキング 

【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-ぴよぴよ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

このブログの更新情報を、以下のSNSで受け取れます。 
ぜひぜひ、登録・フォローしてくださいね♪ 

btn_add_line 
↑ライブドアブログ公式アカウントを友だち追加してください。 

btn_add_facebook 

btn_add_twitter 


00010

歌川たいじの書籍のページへ→