ずいぶん前のことだったのでございますが、執筆に勤しんでおりました休日に、見知らぬ女性が訪ねて来られました。

1

若く綺麗な女性だったのですが、空室となっておりました我が家の上階に引越しを検討されていて、部屋を見にいらしたとのこと。「夜は何時頃お休みになって、何時頃にお出かけされるんですか。」とお尋ねでしたので、「普通のサラリーマンの時間帯で活動しております。」とお答えしたのでございました。

2

現在お住いのお部屋の階下の方が神経質な方らしく、うるさくしていたつもりはないのだけれど、苦情を言われてしまったとのこと。なので、ワタクシどもが神経質な方なのかどうかお知りになりたかったご様子で…

3

自慢ではありませんが、前に住んでいらした方は小学生と幼稚園のお子様がいらっしゃいましたが、まったく気にならなかったほど、ワタクシもツレちゃんも無頓着な気質。逆に1Fに住んでいなかったら確実に追い出されていたことでございましょう。なので、その旨を申し上げまして、こんな軽口を一発挟んでみました。

4

やっぱり、初対面の方に言わないほうがよかったのでございましょうか…。それとも、ガチ女王様
だったんでしょうか…。

5

「検討します。」と短く告げて、彼女はお帰りになったのでございました。

6


いつも、ありがとうございます。

人気ブログランキング投票にご協力をおねがいいたしますー。 クリックしてくれたら、やる気100万倍っ(>o<)


絵日記ランキング 

【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-ぴよぴよ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

このブログの更新情報を、以下のSNSで受け取れます。 
ぜひぜひ、登録・フォローしてくださいね♪ 

btn_add_line 
↑ライブドアブログ公式アカウントを友だち追加してください。 

btn_add_facebook 

btn_add_twitter 


00010

歌川たいじの書籍のページへ→