突然、ハチ兵衛脱走騒動に粉動されました、我が家。しかしながら、ハチ兵衛は玄関口まで走ってくることはあっても、玄関の外へ自分から出たことは一度もありませんでした。

1

玄関口で寝転んで、抱かれるのを待っているのが甘えん坊将軍・ハチ兵衛なのでございます。

2

しかし、ハチ兵衛がいつもいるところをどんなに探しても、ハチ兵衛の姿はありません。

3

ツレちゃんは、玄関で外に向かって鳴き続ける茶助を指差し、「茶助がこんな鳴き方するのも珍しいし、やっぱりハチ兵衛が飛び出していくのを見たんじゃないかと思う」と、確信を込めて行ったのでした。

4

執筆がたて込んでいるときに、なんてことをしてくれちゃってんだ…ショックにうろたえるワタクシでございましたが…

5

「ワタクシがそこいらを探します。あなたは風邪をこじらせると、ますます面倒なことになるので、寝ていなさい。それが義務です」と、ツレちゃんに告げて…

6

またたび、かつおぶし、軍手、つかまえたときに入れる洗濯ネットを持って、ハチ兵衛を探してまわったのですが…住宅地にはキャットウォークのようなスキ間だらけ。隠れられちゃってたら、見つけるのは至難の技でございます。

7

ノラ経験のない猫は、おびえて隠れちゃう場合が多いそうで…

8

いくにちも出てこない場合もザラだとか。

9

そして、ノラ経験のない猫は方向感覚がないために、自分から帰ってくることはほとんど期待できないそうなのでございます。

10

ハチ兵衛を見つける前に、心配に負けて布団を脱け出し、ハチ兵衛をさがしまわっているツレちゃんを発見してしまったワタクシ。風邪でふらふらなのに、相当長い間、探し回っていたもようだったのでございます。

11

ツレちゃんは、茶色い猫とケンカして逃げていくハチ割れ白黒猫を目撃したと言ったのでございました。

12

13

いつも、ありがとうございます。

人気ブログランキング投票にご協力をおねがいいたしますー。 クリックしてくれたら、やる気100万倍っ(>o<)


絵日記ランキング 

【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-ぴよぴよ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

このブログの更新情報を、以下のSNSで受け取れます。 
ぜひぜひ、登録・フォローしてくださいね♪ 

btn_add_line 
↑ライブドアブログ公式アカウントを友だち追加してください。 

btn_add_facebook 

btn_add_twitter 


00010

歌川たいじの書籍のページへ→