他人のプロポーションの変化にやたら目敏く、変化があったとみるやすかさずなにか言ってくる人がいらっしゃいますが…

 

 

そんな人は、えてして、その人自身が脂肪を心底怖がっている人なのかもしれません。

 

 

霊的ステージの高い笑顔で切り返しては…と、キミツは申しております。

 
 

いま、日本の若い女性の8人にひとりが、やせすぎです。

 

太るのを恐れて、「太ったね」と言われるのがいやで、現代の日本人女性は1日に平均1600キロカロリー程度しか摂取していないとのこと。これは、戦後の食糧難だった時代を下回る水準です。

 

若い時代をやせすぎで過ごすと、出産した子どもが低体重児となるリスクが非常に大きくなるそうで、近年では新生児の10人に1人が低体重児だとのこと。

お母さんのおなかにいるときから飢餓状態だった低体重児は、生まれながらにして生活習慣病になる大きなリスクを抱えることになります。

また、若い時分をやせすぎで過ごした人は、高齢者になったときに要介護となる可能性が格段に高くなります。

 

STOP! デブハラ!

 

軽い気持ちで言ってしまう(セクハラと同じですね)「太ったね」の一言が積もり積もって、子どもたちの未来や、国の財政に大きな影を落としているのかもしれません。

 

 

歌川たいじ著 『おつきあい』の壁を乗り越え48キロやせました(幻冬舎)より


いつも、ありがとうございます。

人気ブログランキング投票にご協力をおねがいいたしますー。 クリックしてくれたら、やる気100万倍っ(>o<)


絵日記ランキング 

【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-ぴよぴよ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

このブログの更新情報を、以下のSNSで受け取れます。 
ぜひぜひ、登録・フォローしてくださいね♪ 

btn_add_line 
↑ライブドアブログ公式アカウントを友だち追加してください。 

btn_add_facebook 

btn_add_twitter 


00010

歌川たいじの書籍のページへ→