飲み友だちでもある女性歯科医さんのところに、歯の点検をしてもらいに行ってまいりました。
 
 
先生は、いろいろ話しかけてきてくださいます。
 
 
口の中にいろいろ入っているので、聞き取れないだろうと思っても…
 
 
さすがはベテラン歯科医、ちゃんと聞き取ってくださるのでございます。
 
 
さてさて、彼女が「今日ね、歯を全部抜いてくれっていう患者さんがいらしたんだけど…」と言うので…
 
 
ニヤついて回答しかけましたところ…
 
 
ベテラン歯医者さんともなると…
 
 
言わなくてもなにを言おうとしたのかがわかるのだと知ったのでございました。
 
 

 
脳科学者の中野信子さん(著名な方でテレビなどでもご活躍なので、ご存じの方も多いと思います)が、このブログをリブログしてくださったので、びっくりしました。ブログだけでなく拙著をも、ご高覧くださったとのことで、ご紹介いただきました。深く感謝いたします。
 
中野信子さんを知ったのは、4年ぐらい前に田村淳さんのラジオ番組に中野さんがゲスト出演されたのを拝聴したときで、そのとき中野さんは「離婚遺伝子のお話」をなさっていました。それ以来、中野さんの著書を5冊か6冊は拝読しておりまして、ジェーン・スーさんの番組に出演されたものもすべて聴かせて頂いておりました(学生時代に板書をしなかったのは私も同じでしたので勝手に親近感をおぼえました)。
 
私の処女小説「やせる石鹸」に登場する「たまみの母(他人の気持ちをまったく理解しない)」のキャラクターや、そんな人を「未来に蒔かれた種」と見なす辻堂拓也君の考え方は、中野さんの御本で勉強させて頂くうちに思いついたものです(できることなら、1冊献上したいですー)。ワタクシは中野さんの半分ぐらいしかIQはありませんが、心から尊敬しております。
 
中野信子さん、有り難うございました。また新しい本も楽しみにしております。
 
 
↑思い込みから脳を解放してくれるすばらしい本です。ぜひ、手にとってください☆
 

 ■■■ いつも、ありがとうございます。■■■ 
人気ブログランキング投票にご協力をおねがいいたしますー。 クリックしてくれたら、やる気100万倍っ(>o<) 携帯でご覧の方はこちらをクリックして投票してくださいませ☆ (別サイトへジャンプする表示が出ます→リンクをクリックすると一票入ります)