00001

拙著「母さんがどんなに僕を嫌いでも」をブックオフで買いました…という方からメールをいただきました。

00002

「本の中で、ミュージカル出演の際のヴォイス・レッスンでしごかれたと描かれていましたが、自分も声にコンプレックスがあります」とのこと。

00003

「どのように乗り越えたのか、レッスンの様子をもっと教えてほしい」との、リクエストをいただきました。

00004psd

「オマエは本当の声を出していない、人の機嫌を伺うようないやらしい声だ、そんな声で観客が感動すると思うのかッ」と…

00005

ヴォイトレのたびに叱られておりましたワタクシ(まだ18歳でした)。もちろん、愛のムチだったのですが…

00006

当時のワタクシはどうしたらいいかわからず…

00007

乗り越えられるなんて思ってもみませんでしたが、キミツにこぼして以来…

00008

稽古中にヘナヘナ声を出しますと…

00009

キミツに楽しまれてしまうという事態となりました。

00010

「言葉だけでなく行動が伴えば慇懃無礼にはならないかな」、などと声の問題からブレて迷走したりもしたのですが…

00011

キミツのおかげで、そこそこ自分本来の声が出せるようになったのでございました。

00012
 
00014

よろしければ、こちらもどうぞ♪
キミツのスタッフいじりの実態を描いた一作です。

無差別(2011年11月9日)→
00015


いつも、ありがとうございます。  

人気ブログランキング投票にご協力をおねがいいたしますー。 クリックしてくれたら、やる気100万倍っ(>o<)


絵日記ランキング 



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆   

このブログの更新情報を、以下のSNSで受け取れます。   
ぜひぜひ、登録・フォローしてくださいね♪   

btn_add_line   
↑ライブドアブログ公式アカウントを友だち追加してください。   

btn_add_facebook   

btn_add_twitter   


00010  

歌川たいじの書籍のページへ→