♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です

同居十数年の♂♂カップルの、おバカ愉快な毎日をおもにマンガでお送りします☆

2017年08月

「ゲイは貞操観念がユルイ」と言われることもあるのですが…いろいろな人と話していると、シモユル君と鉄のパンツ君の割合は、ノンケ男性と変わらないんじゃないかなと思えてまいります。さて、邪悪な女史連合(JJ連合)のグループLINEで、ある日、論客となった女工作員がお

つづきをよむ

新宿2丁目のバーで、若者が声をかけてくれました。相方さんと吞んでる席でいっしょに吞まないかと誘ってくださって…若者ふたりにはさまれて呑めるのかと思いきや、相方さんはアラ還…ふたりは、歳の差34歳のカップルだったのでございました。ふたりの暮らしに興味が湧き

つづきをよむ

この週末、粛々と仕事をするワタクシに、またもや苛酷な試練が課せられました。もう余裕がないこの時期に、大きな打撃だったのでございます。しかし、こんなこともあろうかと、密かに対策を打っていたワタクシ。ひっきりなしに話しかけられるよりも、英語の音声が漏れ聞こえ

つづきをよむ

拙著「母さんがどんなに僕を嫌いでも」をブックオフで買いました…という方からメールをいただきました。「本の中で、ミュージカル出演の際のヴォイス・レッスンでしごかれたと描かれていましたが、自分も声にコンプレックスがあります」とのこと。「どのように乗り越えたの

つづきをよむ

ツレちゃんが会社で、荷が重すぎるお役目を申しつかりました。それだけでも動揺するツレちゃんでしたが、さらに厳しいことに…その研修者は…そんな任務をツレちゃんに与えるなんて、会社、チャレンジャーすぎ。もしくは、テキトーすぎ。ツレちゃんの英語特訓など引き受けた

つづきをよむ

先日、ラジオを聴きながら仕事をしておりましたら…ちょっと不安げなニュースが飛び込んでまいりました。なんせツレちゃんは米200Kgをドカ買いした前科があります、こんなときは家庭に緊張が走ります。コメ不足が来るとしてもドカ買いの必要はないと、ツレちゃんを説き伏せね

つづきをよむ

若い頃の同僚がSNSでワタクシを見つけ、つながってくれました。彼は奥さんと3人のお子さんがいらっしゃる、どこを切ってもノンケの血しか出ない男性です。彼と同僚になった当初、ワタクシがゲイだと知るや、彼はワタクシを敬遠しましたが…仕事を通してある程度打ち解け合い

つづきをよむ

新宿2丁目ではたいていみんな、ニックネームで呼び合うのですが、「ヒロ」とか「トシ」とかはものすごくたくさんいらっしゃいますので、たまに混乱いたします。「歌川たいじは滅多に名前がかぶらないからイイですね」などと言われたりするのですが…子どもの頃から名前のせ

つづきをよむ

友人のお宅にお呼ばれいたしましたときのこと。中学生の娘さんお持ちの彼女が「うちの娘がマンガ家を目指そうかなって言ってて、友達にもそういう子が何人かいるんだって。日曜にみんな呼ぶからアドバイスしてやって」と、負荷の高いリクエストをしてきたのでございました。

つづきをよむ

我が町には日本語学校がたくさんありまして、韓国人、中国人だけではなく、東南アジアの学生たちもたくさん暮らしています。夏になると東南アジアの男子達は、軒先で半裸で夕涼みすることが多いようです。ツレちゃんはそれを「恥ずかしいっ、けしからんっ」と、歓迎していな

つづきをよむ

ツレちゃんの夏休み最終日、ツレちゃんに試練が課せられました。来月に予約したお友達とお食事会をするレストランに、またしても、予約変更の電話(←超ニガテらしい)を入れなくてはならなくなったのでございます。ツレちゃんもいいトシこいた大人ですので、ワタクシは小ば

つづきをよむ

「タックスノットに行きたいけれど、自分にはハードル高くてムリです」的なメッセージをいただくことがありますが、わかります。 実はワタクシにも、近所に9年も暮らしていながら、尻込みして入れない喫茶店があるのでございます。なぜ、入れないのか… それは、菊

つづきをよむ

今週はツレちゃんが夏休みだったので、うちにいる、いる、いる。そして、「話を聞いてないっ」と、怒られるのです。まぁ、聞いてもしょうもない話なので…結局、聞いておりません。17年間、同じことをぼやき続けながら、どうせ会社はやめないのでございます。「うたちゃんみ

つづきをよむ

レシピのサイトなどを物色しておりますと、ついザラッとしてしまうのですが…おいしそうではあっても、ワタクシには受け入れられない「おにぎらず」。味はいいのでしょうが、ネーミングだけがどうしても気に入らないのだと、タックスノットのお客さまに大演説をかましてしま

つづきをよむ

今年の夏は、ずっと雨が降ったりやんだり…そんな中でも、ツレちゃん毎年恒例の湊川灯籠流しが開催される日となりました。ツレちゃんが雨にひるまず出かけていくのには理由がありまして…それは、春先に天国に行った猫の茶助に…灯籠を流してあげたかったからなのでございま

つづきをよむ

以前、顔見知りの若ゲイ君から、「母にゲイであることをカミングアウトしたいけれど、踏ん切りがつかない」という相談をいただいたことがありました。「母子家庭なのに、母にショックを与えてしまうのでは」と、心揺らいでいるようでした。かねてより自分がゲイであることに

つづきをよむ

みなさま、Facebookには、自分が死んだ後のアカウントの始末を友人や家族に依頼できるのをご存じでしょうか。ワタクシ、これを誰にお願いするか、決めかねておりまして…キミツとツレちゃんに、同じことを言われましたが…同じ返事をした次第なのでございます。さて、話は変

つづきをよむ

ツレちゃんの星座は、かに座。個性的でありながらも、非常に家庭的な性格の人が多いと聞き及んでおります。さて、話は変わりますが、ワタクシが帰宅いたしますとけっこうな確率で…いつからそうしていたのか、我が家の猫・ハチ兵衛とくろ丸が、ぴったり寄り添っております。

つづきをよむ

小説の追い込み期間は長い。数ヶ月間、「小説脳」をキープしなければなりませんが…ワタクシにはさまざまな仕事がありまして、小説脳を保つこと自体に試練が課されます。さらに、天気までもがアゲインストとなることもあるのでございます。そんな、ある日。夢の中で、ワタク

つづきをよむ

すこし前の話ですが、スマホのゲームアプリを作る会社から、お仕事のオファーをいただきました。RPGゲームのキャラクターを使ったパロディまんがを描いてほしいというリクエスト(宣伝用Webサイトに掲載するとのこと)だったのですが…なぜ、そんなオファーがワタクシに…皆

つづきをよむ

↑このページのトップヘ