♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です

同居十数年の♂♂カップルの、おバカ愉快な毎日をおもにマンガでお送りします☆

2014年09月

このまんがの読者さんでありますミカさんは、男性として生まれましたが、自分は女性であるという思いからカラダを工事して、戸籍上も女性となり、結婚しました。昨年、ダンナさんのお母さまが入院し、危篤状態となってしまったのでございます。性同一性障がいで男性から女性

つづきをよむ

9月15日に開催いたしましたサイン会に、たくさんの読者さんに参加していただきまして、誠にありがとうございました。初めてお目にかかる方、いつもお越しくださる方、みなさまとお会いできて大変うれしかったです☆ありがとうございました。いただいたお手紙をあとから読むの

つづきをよむ

十数年ぶりの友人がメールをくれました。「母さんがどんなに僕を嫌いでも」に登場する、ミュージカルの共演者です。「携帯電話の電話番号知らなくて、固定電話だけ知ってたから、そっちにかけたら相方さんが出たよ」とのこと…そういえば、打ち合わせでお出かけしていたとき

つづきをよむ

ツレちゃんと食べようと思っていたノンオイルケーキが冷蔵庫からなくなっていたので、「ケーキは?」と、ツレちゃんに訊ねましたところ…と、このようなお返事でしたので、無言の責めをかましまくりましたワタクシ。しばらく水掛け論となりましたが、間もなくツレちゃんはお

つづきをよむ

ツレちゃんが、茶助の健康診断で獣医さんのところへまいりました折のこと…。動物病院のケージの中に仔猫がおりまして、ケージには「里親募集」のプレートが。そのそばに、50代後半ぐらいの女性が泣きながら立っていらっしゃいました。捨て猫の里親になろうとしたものの、先

つづきをよむ

ハチ兵衛は玄関チャイムが鳴ると、玄関に一目散。玄関のドアの前にビシッと待機いたします。しかし、ドアを開けても外に飛び出したりしません。その場で寝そべり、来訪者に(またはワタクシに)抱っこを要求するのでございます。そんなハチ兵衛に、宅配のおにいさんはメロメ

つづきをよむ

茶助のことでたいへんお世話になった方がいらっしゃいまして、非常に恐縮いたしましたワタクシと、ツレちゃん。しかしながら、このときは本の原稿執筆の修羅場中で、手作りするにもデパートに行くにも時間がございませんでした。ツレちゃんが、果敢に名乗りを上げてくれまし

つづきをよむ

新刊の発送作業の間、ツレちゃんは倹約家ぶりを発揮しまくりまして、セロハンテープの端切れでも捨てようものなら、大阪商人かぐらいにワタクシを叱りつけましたが…本が届いたお客さまから、「ツレちゃんのポストカード、とってもかわいかったですぅ~」というメールを多数

つづきをよむ

マヌーJr.の職場に、タイ支局からタイ人の女性社員が研修にきたときのことでございます。平成生まれのモエ子は一休さんを知らなかったそうなのでございましたが…先輩が一休さんについて…和尚さんがつぼの中に隠していた水飴の話を例に出して…数多くいる坊主たちの中…いか

つづきをよむ

マヌーJr.の職場では、年に1回、事業部全員揃っての大きなパーティがございます。遊んでいるように見えて、企画を担当する若手社員にとっては、ゲームやクイズやエンタメなどの企画力を試される、鍛錬の場。そして、今年はモエ子がパーティの企画担当の一員となったのでござ

つづきをよむ

↑このページのトップヘ