キミツがやっと、新刊「母の形見は借金地獄」を読んでくれました。「細かいこと、いちいち覚えてんじゃないよ」と言われましたが…キミツのお母上様も、同著の登場人物のおひとり。本来ならばこちらからご挨拶に伺わねばならないところを…などと、ちょっと緊張しつつ、久し