いつも温かい応援を有り難うございます。

映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」にスタッフとして協力してくださいました、杉田協士さんの監督作品「ひかりの歌」が、2019年1月12日(土)より渋谷ユーロスペースにて公開されますが、1月14日(月祝)の19時00分上映終了後、杉田監督とともにトークショーに出演させていただきます

_1010006S


杉田監督とは「母さんがどんなに僕を嫌いでも」撮影現場(ものすごく寒かった)で、おたがい仲間がいない「ひとりポジション」だったので、 いつもふたりで身を寄せ合っていました(笑)。
作家でもある彼は非常に繊細で、平和で、温かな人で(←そういう人をいじり倒してしまうワタクシですが)、私は彼の小説のファンでもあります。

「ひかりの歌」は、解釈に幅がある映画が苦手な私でも楽しめる映画でした。スターは登場しませんが、登場人物の心がどこを通ってどこに着地するのかを杉田監督らしい繊細な眼差しで追っていて、私は終始ハラハラしました。そして観終わったあとは、じんわり温かい。東京国際映画祭にも正式出品され、映画通から絶賛されてます☆

興味のある方は、ぜひ、お越しくださいませ♪

映画『ひかりの歌』公式サイトへ→

c9d4dc3fb232ea76