00001

※ このお話は他人様から聞いた話を、さも自分で聞いたように書いた「事実をもとにした創作」です。出てくる弁護士さんは守秘義務守りません。すみません。

離婚協議中、「猫の親権」をめぐって争いに争う夫婦。

0002

依頼人である妻に青年弁護士は、「猫は人間の子どもと違って"親権"というものはなく、財産として扱われる」と、まずは説明しました。

0003

夫婦の共有財産は離婚時にはそれぞれに半分ずつ分けなくてはなりませんが…

0004

ふたつに分けられないものもあり、そういう場合の分け方を彼は丁寧に話したのでした。

0005

しかし、猫の場合はそうはいきません(犬も)。

0006

0007

ペットについては「夫婦で話しあって決めなさーい」ぐらいの雑な法律しかないらしく、裁判において、どちらが引き取ることになるのかは、多くが裁判官の裁量に委ねられてしまうのだとのこと。

0008

通常は、どちらのほうがきちんと飼えるかが決め手となることが多く…

0009

離婚後に実家に戻るダンナと違い、一人暮らしとなる依頼者はかなり不利。

0010

「むこうに引き取ってもらったほうがナコちゃんにとってはいいのではないですか」と、彼は依頼者を説得しようとしたのですが…

0011

依頼者がそのうち、猫を飼いはじめた経緯を語り出したとき…

0012

依頼者に猫を引き取らせる糸口が、そこに潜んでいたのでした。

0013

0014

これは、ハチ兵衛です。

0514999_180821_0111

よろしければ、こちらもどうぞ☆
動物と暮らすには、さまざまな覚悟が必要です。

猫踏んじゃった(2014年12月5日)→
fbea041f


映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の予告編90秒ver.がリリースされました。ぜひ、ご覧くださいませ☆ 予告編を見る→

screenshot_02


いつも、ありがとうございます。          

人気ブログランキング投票にご協力をおねがいいたしますー。 クリックしてくれたら、やる気100万倍っ(>o<)


絵日記ランキング 


2018年11月16日に全国公開の映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも(歌川たいじ原作)」関連のコンテンツは、こちらからご覧くださいませ。記事を見る→

62e9b48e







いつも、ありがとうございます。          

人気ブログランキング投票にご協力をおねがいいたしますー。 クリックしてくれたら、やる気100万倍っ(>o<)


絵日記ランキング 


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆    

このブログの更新情報を、以下のSNSで受け取れます。            
ぜひぜひ、登録・フォローしてくださいね♪            

btn_add_line            
↑ライブドアブログ公式アカウントを友だち追加してください。           

btn_add_facebook            

btn_add_twitter            


00010           

歌川たいじの書籍のページへ→  
  
 
いつも、ありがとうございます。          

人気ブログランキング投票にご協力をおねがいいたしますー。 クリックしてくれたら、やる気100万倍っ(>o<)


絵日記ランキング